クラッシュオブクラン 超おすすめ配置!アロー型とは?

クラッシュオブクラン 無課金 配置 おすすめ

 

最強配置管理人のクランです。

いつも当サイトを訪問頂きありがとうございます。

今回は『クラッシュオブクラン』で最近人気急上昇中のおすすめ配置、『アロー型』を取り上げてみたいと思います。

  • そもそもアロー型ってどんな配置?
  • アロー型配置のポイントは?

など、気になる情報をご紹介します!

※2015年7月2日更新済み

 

そもそもアロー型ってどんな配置?

クラッシュオブクラン アロー

出典:iphonedocomoss.com

 

さて、クラッシュオブクランのアロー型の配置がおすすめ、というタイトルではあるのですが、そもそもアロー型とはどのような配置なのでしょうか?

アローとは弓を意味するのですが、この配置がタウンホールを外に出し、さらにその外側を2重の壁で覆うことで

弓のような陣形をとることからその名前がつけられました。

 

アロー型の特徴は、タウンホールを外に出すことで、タウンホールをあえて相手に攻撃させることです。

タウンホールの周りに罠を仕掛けてあるので、思い通りにタウンホールは落とせません。

このように一見簡単に攻め落とせそうな村だけど、実はなかなか攻めきれない、そんな見た目のギャップを作るところにアロー型の特徴があります。

 

アロー型配置のポイントは?

クラッシュオブクラン アロー配置ポイント

出典:iphonedocomoss.com

 

では、アロー型の配置をする上で、注意すべきポイントはどこになるのでしょうか?

上記の画像では壁の内側にタウンホールを配置しているのですが、完全に覆い尽くしているわけではなく、隙間が空いていることにお気づきでしょうか?

 

これこそがアロー型配置のポイントとなります。

この隙間をあけることで、ここから敵を誘導することができ、そこに爆弾や隠しテラスなどのトラップを仕掛けることが出来ます。

 

つまり、この壁は守るためにあるわけではないんですね。

相手を誘い出すために設置されているわけです。

この壁の用途をしっかりと理解すること、それがアロー型配置のポイントとなりますね。

 

まとめ

  1. アロー型の言葉の由来は壁を弓のような形で配置することにある
  2. アロー型の特徴はタウンホールを外側に配置していること
  3. タウンホールを取り囲む壁には隙間を空けておくこと
  4. アロー型の壁は守るためにではなく、誘うために使う

 

おすすめ配置方法

>> 防衛施設のおすすめな配置方法!

>> 攻めにくい配置をした村の画像と動画集!

>> トロフィーを獲得するための配置とは?

>> 攻めにくい配置にするにはどんな対策が必要?

>> バットマン型配置の作成方法を教えます!

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

レイアウト攻略では、攻略に関する最新の情報を随時更新していきます。

もし気に入っていただけましたら、いいねやRTでの拡散をお願いします。


【クラクラ】エメラルド暴走配布キターーーーーー!!!

サンプル


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ